HOME>オススメ情報>シナジー効果などを上手く考えるのが大切です
社員

どこに依頼するか

M&Aには仲介手数料が必要ですので、仲介会社に支払う手数料の相場はあらかじめ把握しておくのは大切です。仲介手数料として着手金が必要なこともありますが、最近では完全成功報酬型の場合が多いです。完全成功報酬型の時はM&Aが成立しないと、仲介手数料は発生しません。M&Aを行う時は仲介会社を上手く見つけることが大切です。この際には仲介手数料に注目することも大切ですが、相手企業の選定力がある仲介会社がどうかを確認するのも大切です。M&Aにおける企業買収では株式譲渡がよく行われます。事業の一部を売却するケースもあり、その種類は様々です。どんな企業とM&Aを行えば企業にとって良いかどうかを知るのは大切です。提案力のある仲介会社は、どのような企業との組み合わせがシナジー効果を発揮するかを上手く提案してくれます。仲介会社の良さはプレゼン力にも現れます、プレゼン力があり説明が丁寧な仲介会社は人気です。

相性なども考慮する

M&Aなどで企業買収する時は企業の社風の相性などを考えます。企業買収などをする時は成立した後の展開を考えるのも大切です。M&Aには企業買収の他に資本提携や業務提携などがあります。M&Aの仲介手数料の相場を考える時は、その手法に注目することも大切です。株式譲渡によるM&Aをする時は、株式譲渡した時の仲介手数料の相場を知るのも重要です。グローバル時代は企業買収が盛んになることもあり、M&Aへの注目が集まります。完全成功報酬高の仲介会社に依頼する時は、売買金額ごとの手数料を知る必要もあります。5億円以下の時と100億円以上の時とでは、成功報酬の割合は異なります。仲介手数力を考える時は、実際にどのくらいかかるかを知る必要があります。事前の情報収集は確実に行うのが大切です。

広告募集中